学生ボランティア団体OPERATIONつながり

私たちは、”つながり”をつくる学生ボランティアです。

*

つながり10次隊を終えて

      2016/07/18

つながり隊第10次派遣を行おうと思ったのは昨年の2月のことでした。

それから、約半年かけて、一昨日、すべての活動を終えて帰ってきました。

まずはつながり隊を支援してくださった皆様、誠にありがとうございました。

おかげさまで、実りある活動を送ることができました。

ニッペリア仮設住宅の皆様にも宿泊させていただいたりと、今回はいつも以上にお世話になったと思います。

いろんな方に支えられて、今回のつながり隊ができたと思います。本当にうれしい限りです。

 

もともと、今回のつながり隊は、まず派遣できるかどうかという状況から始まりました。

企画する側にある震災復興ボランティア事業部で、今回のつながり隊に参加したのは僕だけでした。

最初は僕だけで企画を進めていました。一人でニッペリア仮設住宅に行き、一人で企画書を書き、メンバー募集をしました。

一番最初のメンバー募集では、広大メンバーの8人だけしか集まりませんでした。いつものつながり隊の、半分くらいしか集まりませんでした。

すごく準備に苦労しました。やることが多かったり、周りからのプレッシャーだったり、とてもしんどい時期もありました。

そんな中で、いろんなことに支えられてきました。

まずは、安田女子大学の学生4人が参加したいと連絡してくれました。これはメンバー不足だった今回のつながり隊において、非常にありがたいことでした。

ニッペリア仮設住宅の方からも、私たちにお金がないことを心配して、仮設住宅の談話室を宿泊のために貸してくださいました。

震災復興ボランティア事業部のメンバーをはじめ、過去のつながり隊参加者にも、勉強会など、いろんな面でサポートしていただきました。

最初は一人でなんとかしようと思っていたのが、気づいたらこれだけの人や環境に恵まれ、支えられて、無事に派遣することができました。

僕は今回の派遣で、つながり隊とは、人と人との心をつなぐボランティア派遣隊であるということを改めて感じました。

そこにはボランティアをするにあたって一番大事な、目の前の人、身近な人、遠くにいる人、見える人、見えない人など、いろいろな人に思いを寄せて、一人一人のことを考えて、行動するという、口にしたら簡単なようですごく難しいことをたくさんの人がかかわって成し遂げようとする意志が僕自身企画し、参加し、活動していく中で感じました。

いろんな人の思いやり、これらがつながって、つながり隊はできているんだなあと感じました。

 

最終日に、「つながり隊とは?」ということにメンバー全員で考えました。

すごく長い時間、真剣に、考えてくれました。ニッペリア仮設住宅の人にとってのつながり隊、広島に住む人にとってのつながり隊、OPERATIONつながりにとってのつながり隊、過去のメンバーにとってのつながり隊、そして、自分たち自身にとってのつながり隊。

いろんな視点で、一生懸命悩んで、考えていました。

こうやって考えていくことが、つながり隊、ニッペリア仮設住宅、そして東日本大震災の復興に取り組んでいくうえで一番基本的なことで、一番重要なことであると思います。

誰かのことを思って、考えて、行動する。口にしたらすごく簡単なことだけど、実はとてつもなく難しいことで、でも、このとてつもない無理難題に取り組もうと一生懸命もがいている人たちが集まるその中に、つながり隊というものがあると思います。

いろんな人に思いを寄せて活動するということを、常に意識して活動し続けていきたいと僕は思いました。

 

今回のつながり隊では、このほかにも、様々なことを得ることができました。

震災から4年半が経とうとしている現地の状況も知ることができました。

この場ですべてご報告することは難しいのですが、この後報告書の作成を考えておりますので、ぜひ、今後のつながり隊の動きに注目していただけたらと思います。

そして、今のところですが、今年の冬、そして、来年の春にもつながり隊を派遣する予定でいます。

たくさんの人に思いを寄せながら、今後のつながり隊派遣も、OPERATIONつながりメンバー一同、頑張っていきたいと思います。

 

最後に、つながり隊にかかわってくださったすべての皆様、本当にありがとうございました。

 

OPERATIONつながり 震災復興ボランティア事業部

つながり隊第10次派遣隊長 渡邊陽太

The following two tabs change content below.

渡邊陽太

教育学部3年。約420年前は都会だった佐賀県唐津市出身。 唐津に誇りを持ってはいますが、現在進行形で約2年間住んでいる広島の広島弁と、よしもと新喜劇の見過ぎで伝染った関西弁が混ざった変な唐津弁を話します。 NBAが好きですが、英語はなかなか伝染りません。

最新記事 by 渡邊陽太 (全て見る)

 - 東北復興支援ボランティア

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

つながり10次隊3日目

【つながり10次隊3日目】 宮城県2日目。 今日はニッペリアで世帯訪問をしました …

【東北復興】東北ツアー2日目

東北ツアー2日目は台風のため予定を前後させ、絆の駅 石巻ニューゼと女川を視察しま …

【つながり11次隊】活動1日目!!

つながり11次隊は、今朝仙台に到着し、今日から4日間の活動がはじまりました。 午 …

【宮城派遣】活動4日目

私たちは3日目と4日目につながり隊と同様の世帯訪問を行いました。4日目の世帯訪問 …

【つながり10次隊 1日目】

つながり10次隊が8月16日広島を出発しました。見送りに来てくださった方々ありが …

【震災復興ボランティア事業部を解散しました】

皆様こんにちは。震災部事業部長の笠井です。去る3月21日に「学生ボランティア団体 …

あんどフェス

6月21日(日) 広島市中区で行われた「あんどフェス」に参加してきました! 「あ …

no image
【つながり13次隊】活動3日目

派遣最終日である今日は、午前中に松島に行く組と住民さんと交流をする組で別れて活動 …

【東北ツアー】3日目

8月8日(火) 激しい雨風の音で目を覚ました今日は、午前中、大川小学校で佐藤敏郎 …

【東北復興】東北ツアー最終日

東北ツアーから無事、広島に帰ってきました!! 最後に仙台駅で牛タンを堪能し、充実 …