学生ボランティア団体OPERATIONつながり

私たちは、”つながり”をつくる学生ボランティアです。

*

【伝え隊】中国東北部の味!じゃんじゃん亭【Tsutae-tai】Jan-jan-tei

   

[English below]

今回取材したじゃんじゃん亭は、西条中央にある中華料理屋さんで、平成9年から営業しているそうです。多くの大学一年生と同い年ですね!このお店では,店主の伊賀さんと中国人の奥さんと中国人のコックさん、バイトさんで営業しているそうです。

店内にはテーブル席がいくつかと、奥には座敷もありました。座敷の卓は中央部が高くなっていて回るものでした。

 

今回は店主の伊賀さんにお話を伺ってきました。

 

インタビュー

じゃんじゃん亭と言うお店の名前の由来は何でしょうか?

名前が言いやすく、覚えやすく、子どもにも言ってもらいやすく、響きが良かったからです。中国語に由来しているわけではなくて、思いついて気に入ったからという感じです。じゃんじゃんにあたるような発音の中国語の単語もあると聞いたのですが、私はちょっと分からなかったですね。「じゃんじゃん」食べてね・「じゃんじゃん」来てねというような意味で取っていただく他にも色々連想していただています。

 

この場所でお店を開くことにした経緯は?

私の父親が残留孤児で、私はその二世で、生まれが中国の旧満州のハルビンのあたりなのです。

父親は福岡の出身で、家族で旧満州に行きました。戦後父の兄だけ日本に帰ることができたのですが、父とその姉は帰ることができず、父は向こうで教師をやっていました。そのような中で生まれたため私は中国語で育ちました。5歳の頃に日本に連れてきてもらいました。その頃には帰化してから30年超となります。

 

コックさんはどうやって来てもらったのですか?

父のつてで、ハルビンより奥の方の町に行って、コックさんを探す中で見つけました。その町では日本があまり馴染み深くないために、苦労しました。

 

オススメのメニューは?

本場の中国の北の地域の味を食べていただきたいです。家常涼葉(冷菜のメニュー)や鍋包肉(北部地域の酢豚)がオススメです。中国人のお客様でも、他の地域出身の方にとっては珍しいようで、足を運んでいただいています。

 

北の地域というのはどのあたりになるのでしょうか?

まず、中国の料理は大きくは広東・四川・上海と、北の地域の4つの地域にわけられます。そして、北京やハルビンのあたりの料理がうちのお店で出している料理です。

 

先ほどいただいた大盛りのメニューは量がとても多かったのですが

昔から広島大学の学生さんが多くいらっしゃるのですが、運動部のお客様が満足していただけるようにと自然と量が増えていきました。

こんな量食べれるのかなという量でお出ししてもペロッと平らげてしまうのですよね。

特に丼物の大盛りはかなり多いです。

 

食べてきました!

天津飯

天津飯

 

ジャガイモの冷菜

ジャガイモの冷菜

中国では、家庭でよく食べられている料理だそうです。シャキシャキの食感で、美味しいです!辛くなく、日本人の口にも合う味でした。(舛田)

 

炒飯

炒飯の写真

程よいパラパラ具合で他の店にはないような味わいでした。量も多いのでたくさん食べれます! (岩下)

 

麻辣(マーラー) 豆腐

麻辣豆腐

普通の麻婆豆腐よりも辛く、辛いもの好きにはたまらない一品です。(大鳥)

 

葱爆羊肉

葱爆羊肉

ネギと羊肉のシンプルな炒め物。初めての羊肉でしたが、クセがなく、コリコリした食感が堪りませんでした。(近藤)

 

鳥ムネ肉とピーナッツ炒め

鳥ムネ肉とピーナッツ炒め

カリッとしたピーナッツはとろみをつけた鶏肉や野菜との相性抜群!味だけでなく、彩りもよかったです。(阿部)

 

合川肉片 (四川風豚肉炒め)

合川肉片(四川風豚肉炒め)

柚子胡椒のような辛味が効いており豚肉との相性抜群。ただし、とにかく辛い。(仁井)

 

杏仁豆腐

 

杏仁豆腐

 

 

 

 

じゃんじゃん亭のアピールポイントは?

丼物は量が多く、また、日本人向けのメニューだけでなく、中国の北の地域の本場の味も楽しめることです。気兼ねなく来れるお店ですのでぜひいらしてください。

 


 

【Tsutae-tai】Jan-jan-tei

We went to Janjantei. Janjantei is a Chinese restaurant in Saijo Tyuo. It opened in 1997. This shop is run by the shopkeeper Mr. Koga, his Chinese wife, Chinese cook and part -time worker. In the shop, there are some tables and Japanese-style room. In the Japanese-style room, there are some Chinese-style turn tables.

 

We interviewed the shopkeeper Mr. Koga.

 

Interview

-Why did you make this shop’s name ‘Janjantei’?

‘Janjantei’ is easy to say and remember, and I liked its sound. It didn’t derive from Chinese word but it occurred to me and I liked it. I’ve heard that there is a Chinese word whose pronunciation sounds like ‘janjan’ but I was not sure. ’Janjan’ means like something is working well or going smoothly, so it implies “janjan come, janjan eat”.

 

-What made you open this shop?

My father was a Japanese child left behind in China after World War Ⅱ and I’m a second-generation from the town around Harbin, China. My father was from Fukuoka and came to Former Manchurian with my family. After the War, only my uncle was able to come back to Japan but he and his sister weren’t. My father became a teacher. That’s why I grow up with the Chinese language. When I was 5 years old, I was brought to Japan. It took more than 30 years since then.

 

How did the Chinese cook come here?

When I was seeking for any cook in the town near Harbin with my father’s connection, I found him. That town weren’t familiar with Japan so much, it was hard for me to do it.

 

What do you recommend?

I want you to eat the authentic taste in the northern part of China. I suggest 家常涼葉(a cool dish served as the appetizer) and 鍋包肉(sweet-and-sour pork in the northern part). Some Chinese from other region also think it special, so they often come to my shop.

 

Where is the northern part?

Firstly, the type of Chinese dish is mainly divided into 4 regions, 広東, 四川, 上海 and northern part of China. I serve dishes that are from around Beijing and Harbin.

 

The dishes served in your shop are much.

Many Hiroshima University students have come to my shop for a long time. I want guests who belong to sports club to be satisfied with my menu and gradually the amount of a dish has increased. But they have easily completed the amount that I thought it’s hard to do it. Especially large serving of ‘donmono’ (rice bowl dishes) are so much.

 

We ate these dishes!

  • Tianjin rice bowl
天津飯

It contains as much sticky sauce as we thought. The combination of it and fluffy egg is very good, and it stands out taste. (Miyama)

 

  • Fresh sliced potatoes
ジャガイモの冷菜

It is said that this is a home-cooked Chinese dish. It is crunchy texture, and good taste. In addition to that, it is not so hot, and suits the Japanese palate. (Masuda)

 

  • Chinese fried rice
炒飯の写真

It has nice crispy feeling. There is no other taste like this. The amount of it is large, so we can eat much. (Iwashita)

 

  • Ma La tofu
麻辣豆腐

It is hotter than mabo tofu. This is the dish for the people who like hot food so much. (Otori)

 

  • Sichuan stir-fried pork
合川肉片(四川風豚肉炒め)

Flavor of yuzu pepper is so good, and the combination of it and pork is also good. But, too hot. (Nii)

 

  • Stir-fried chicken and peanut
鳥ムネ肉とピーナッツ炒め

Peanut that is crunchy texture goes well with chicken and vegetables. Not only does it looks nice, but it tastes good. (Abe)

 

  • Stir-fried lamb and green onion
葱爆羊肉

It is a stir-fry contains lamb and green onion. This is a first time for me to eat lamb, but it has no strong but crunchy texture. (Kondo)

 

 

 

What is the appeal point in Janjantei?

The amount of rice bowl dishes is big. In Janjantei you will enjoy not only dishes arranged for Japanese but also authentic Chinese dishes from the northern part. Please feel free to come to Janjantei.

The following two tabs change content below.

近藤丈仁

ニックネームはロメオです。音楽を聴いたり演奏したりしてます。海外部の活動を中心にがんばっています。

最新記事 by 近藤丈仁 (全て見る)

 - 海外ボランティア ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

【国際交流】グダンスク工科大学生との交流

8月27日(土)から29日(月)にかけて、ポーランドにある、グダンスク工科大から …

【ベトナム現地視察派遣7日目〜9日目②】

私は Kha さんの兄の Jaka さんと話したことについて書きます。ホーチミン …

【海外部】第38回JAフェスティバルin さいき

11月20日(日) 「第38回JAフェスティバル inさいき」に海外部から3名参 …

【ベトナム現地視察派遣7日目〜9日目②】

ファンランに着いた日は、キャンプをしました! 場所はチャム村からバイクで1時間半 …

Pork Curry's photo
【伝え隊】本場のスパイスが味わえる!タンドール!【Tsutae-tai】TANDOOR – We can easily enjoy authentic spice flavors!

[English below] 本場のスパイスが味わえる!タンドール! 今回取材 …

【ベトナム現地視察】4日目

ベトナム4日目。ホーチミンからダナンに移動しました。ダナンは、ベトナム中部最大の …

伝え隊第二弾【情報チーム】

【伝え隊】 意外と知らない留学生の宗教事情!? -Muslim & Ch …

【ベトナム現地視察】ベトナム到着!

昨日、成田空港を出発しベトナムに到着しました。 ベトナム現地視察として、3人のメ …

【ベトナム現地視察7日目〜9日目④】

この日は、ファンランを出発してホーチミンに戻ってきました。Khaさんの母Hani …

【伝え隊】相撲部にアメリカ人留学生が!American students in Hirodai Sumo club!

[English Below]   【伝え隊】相撲部にアメリカ人留学生 …