学生ボランティア団体OPERATIONつながり

私たちは、”つながり”をつくる学生ボランティアです。

*

【災害部町歩き】

   

10月30日に、2年前に発生した広島土砂災害の被災地である可部東地区と大林地区で町歩きを行いました。この町歩きは、2年前の土砂災害を風化させず、災害を自分のことのように考え感じてもらい、また自分達も災害についてもっと知り、それを発信するために行いました。OPERATIONつながりのメンバーと広島大学の学生合わせて26名で行いました。

まず、午前中は可部東地区で町歩きを行い、地元の方に説明して頂きながら被災地を巡りました。現在、ほとんどの被害箇所は改修されていましたが、近くの公園が土砂で全て埋もれていたなどの当時はお話を聞き、今の状態からは想像が出来ないほど悲惨な光景だったことが目に浮かびました。まだ改修が進んでいない箇所や山肌が露になっている所もあり、広島土砂災害は過去の出来事ではなく、今もなお続いているのだと感じました。また、「災害で亡くなられた人数ではなく、一人一人の命が尊い。救える命は救わないといけない。」というお言葉を聞き、とても重みのある言葉であり、物凄く心に突き刺さりました。
午後は大林地区で町歩きを行い、その土地の歴史についても触れながら地元の方に案内していただきました。昔建っていたお城についてや江戸時代から伝わる石垣の構造などを説明して頂き、とても歴史深い町であるのだと分かりました。実際に家が土砂により流された場所も見て廻り、本当に一瞬の判断が生死を分けるのだと思いました。また、とても地元の繋がりが強く、すれ違う人のほとんどが知り合いの方であり、この地元の繋がりの強さが災害時に役立つのだと感じました。

今回、広島土砂災害の被災地である可部東地区と大林地区で町歩きをさせていただき、まだ被害箇所が残っていたりと完全に復興していないことが分かりました。また、当時のお話しなども聞くことができ、改めて災害の怖さを実感することができ、多くのことを知ることが出来ました。参加者の方々には、普段あまり触れることのない災害についてさまざまなことを感じ、吸収してもらえたかなと思います。また、町を案内して頂いた地元の方には長い時間付き合っていただき、本当に感謝しています。個人的には初めて被災地を見ることができ、本当に色々なことを勉強させて頂けました。この町歩きで学んだことを、様々なところに発信していきたいと思いました。

災害部3年 南木望404204042140422

 - 災害復興ボランティア

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
【災害部】三入地区自治会長への取材活動

8月8日(火)に三入地区の自主防災会の会長である新木さんに取材をしてきました。2 …

田んぼ彩生プロジェクト報告会

先日、5月29日に田んぼ彩生プロジェクトの報告会を行いました。 2月から4月の約 …

240224_農業ボランティア

こんにちは!OPERATIONつながりです! だんだんと暖かくなってきてやっと春 …

【仮設支援】平成ヶ浜仮設住宅

7月21日(日)に、坂町平成ヶ浜仮設住宅にて住民の方に向けたイベントを行いました …

231111_北新地公営住宅 自主企画

お久しぶりです。学生ボランティア団体OPERATIONつながりです! 11月1日 …

no image
コロナ期の仮設住宅支援についての報告

私たちOPERATIONつながりは4月から現在までコロナウイルス感染防止の観点か …

230715_安浦農地ボランティア

こんにちは!  本日は災害部の活動として、呉市安浦町にて農地ボランティアを実施し …

ひまわり大作戦

7月4日土曜日、広島市安佐北区東原町で、ひまわり大作戦を行いました。その日は曇り …

【災害部】高屋クリスマス会

12月25日といえばクリスマス!! 今年も安佐北区大林町の高屋集会所にてクリスマ …

【災害部勉強会】

先日広島大学の学生に向けて広島土砂災害を考える勉強会を行いました。今回の勉強会は …